勉強について

勉強について

問題を解くコツ

問題の読み方  よくあるのは初めから終わりまでまず読んでから考えるという方法。これは記憶力が余程良くなければできません。最後まで読んだ頃には初めの方は覚えていません。それで初めの方を読むと最後の方を覚えていられません。長さや個数など...
勉強について

模範解答の真似では良くならない

 分からないとき、問題集の模範解答を読んで、真似て、分かった。これが危ない。模範解答はそれが正解であることの最小限の説明であって、その問題に初めて出会ったときに考えることとは必ずしも同じではありません。(模範解答から学ぶべきこともあります...
2021.10.28
勉強について

入試改革をしてもやはりきっちり実行できる生徒が受かる

 大学入学共通テストが始まり、問題の雰囲気は変わりましたが総じてセンター試験と同様だと思います。最後は時間内にどれだけ多く解けるかということになります。簡単なことの一つ一つを止まらずに正確にどれだけ速く実行できるか。この意味ではセンター試...
2021.10.12
勉強について

本当の意味で話を聴ける子はできる

 体を話者に向けて、話者を見て、メモを取って。これは皆やっているでしょう。この先で差が付きます。聴いたことを実行するかどうか。身に染み込み、考えなくてもさっとできるようになるまで繰り返すかどうか。  そこにはその子の緊張感、責任感の...
2021.10.16
勉強について

センスではなく簡単なことをきっちり

 入試問題としての数学、物理、化学にはセンスは不要だと思います。合格に必要な問題は簡単なことがきっちりできれば解けるようになっています。(数学者などになるにはそれを超えた何かが必要でしょう。)  知っていなければ解けないことはありま...
勉強について

簡素で広く使える方法

 問題を解くために必要なことは次の3つです。 問題を目に見える形にする。問題の中で起きることのつながりを捉える。考えたり計算した結果を保持する。 問題を鮮明に覚え、思い出しながら考える。そして考えたり計算した結果をまた覚え...
勉強について

望遠鏡でいう倍率、明るさ、解像度

 私が考える根本は問題を簡単なことの一つ一つに分解して一つ一つをきっちり実行するということです。  これはカメラや望遠鏡でいうと倍率、明るさ、解像度です。倍率を高めるだけでよければ容易です(難問の模範解答の丸写し)。ところがその像は...
勉強について

最短で解こうとするな

 難しい問題を簡単に解く。こうできたらどんなに楽しいだろうかと思います。簡単に解く、最短で解くことを教えている塾はあります。発想の転換ということだろうと思います。それを否定はしませんが私を含めほとんどの人には害です。何より本番の試験時間内...
2021.10.23
勉強について

集団塾や一般の個別指導、家庭教師で伸びるのは「教えなくても賢い生徒」

 集団塾では競争心を高めて・・・といいますが、競争心だけでは解く力は付きません。根本の忠実さ、慎重さ、正確さを高めなければ問題を多く解いても力は引き出されません。集団塾では一人一人にそこまでは教えられません。競争心を引き出すことで伸びるの...
2021.10.26
勉強について

上位校、難関校の問題を解くために

 上位校、難関校の受験で特に必要なのは 忠実さ慎重さそれによって得られる正確さと速さ です。生徒だけではどこをどのように高めればいいか中々分からないと思います。  ある程度のことは自分でできるという前提で、主にやることは...
2021.10.23
タイトルとURLをコピーしました