もちだ理数塾について

もちだ理数塾は埼玉県さいたま市 大宮にある数学、物理、化学の個人塾、1 : 1の個別指導塾です。難関大学受験、難関高校受験に対応します。

永く続く再現性のある「できる」

※再現性
何となく解けてしまうのではなく何をどうすれば解けるのかが分かるという意味で用いています。

数学、物理、化学を正しく理解して難関校の問題を解けるには自然に忠実に、問題に忠実に考えることが第一です。その上で、知っていなければならない解き方は覚え、問題を多く解くことで力が付きます。勘、閃き、センスといわれるところを技術として研究し、永く続く再現性のある「できる」に。

手本が大事なのだろうと思います。餅田が解いたほとんど編集していない解答を見せます。

  • 問題に書かれた情報をどう表すのか
  • 図などをどこまで精度良く書くと見えてくるのか
  • 試行錯誤や回り道

これこそが問題を解く上で重要ですが問題集の模範解答や他塾の授業では無駄なので削られます。(模範解答から学ぶべきこともあります。)

 正五角形の結び目(東工大附属 2016年)

合格に必要な問題は捻られてはいません。したがってこちらが変に捻ってはなりません。遠回りに思えても自然に忠実に、問題に忠実に考えることが近道です。階段を1歩で2段、3段、4段上ろうとするのではなく1段ずつ。時には踏み台を作って1段を2歩、3歩で。山登りに似て1歩を軽くする方が歩数は増えても全体として負担は小さく速くできます。

問題の中で答につながりそうなところだけを飛び飛びに見るのではなく広く細かく調べなければ見えてきません。天才でない我々は速く解ける方法を見つけようとして却って時間をかけるより、少し無駄があっても解いてしまう方が断然速いです。

ショートカット的解法や裏技によって限られた特定の場面で楽に計算できてもそれで難しい問題が解けるわけではありません。閃きや鋭い着眼もそれだけでは次第に通用しなくなります。永く続く再現性のある「できる」に。

科目、学年

  • 数学、理科、物理、化学
  • 中学生、高校生以上

講師

  • 餅田 渓(東京工業大学大学院修士課程修了)
  • 全て餅田が教えます。

新型コロナウイルス対策

通塾、Zoom混在にしています。新型コロナウイルス終息後もオンライン授業は続けます。

  • 餅田はワクチン2回接種済み
  • マスク着用
  • エアコン運転中でも窓2か所を常に開け、サーキュレーターにより排気、換気
  • ジャンパー、コートを着て受講可
  • 消毒用アルコールの設置
  • ドアの取手、机、椅子の消毒

所在地

外観

投稿

タイトルとURLをコピーしました